白髪のヘアケア

白髪染め

白髪染めの特徴は文字通り白髪をしっかりと染めるものです。ヘアカラーには白髪用と黒髪用がありますが、白髪の本数が多い場合は白髪用を使用する方が綺麗に染まります。

白髪染めは1剤と2剤というものがあり、髪が染まる仕組みは1剤(酸化染料・アルカリ剤)と2剤(酸化剤)を混ぜ合わせる事による化学反応です。キューティクルが開く→脱色→発色した染料が染み込む→キューティクルが閉じるという仕組みです。

化学薬品を使用しているため、頭皮や髪へのダメージはある程度は避けられませんが髪の内部に染料を染み込ませるので色持ちが良いのが特徴です。また明るめのカラーから暗めのカラーまでさまざまな色に染める事ができ、残っている他の黒髪も同じトーンで染め上げてくれるので、髪の一本一本が自然な仕上がりになります。

白髪染めは家庭で手軽にできるものがたくさんありますので、自分に合ったものを探すといいでしょう。例えば泡タイプのものは1剤と2剤を混ぜる手間がなく直接髪につけて染み込ませます。クリームタイプでも1剤と2剤が同時に出てくるものもあります。

白髪染めは一度開封すると保存期間は3ヶ月ほどですが、1剤と2剤を混ぜたあとの液には染毛力は残っておらず、すぐに捨てる必要があります。また空気に触れると保存ができませんのでボトルタイプは残っていても処分しましょう。チューブタイプは保存できます。

また泡で染めるワンプッシュタイプといわれるものは期間内であれば保存可能です。このように種類によって違いがありますので商品の説明書はきちんと確認しましょう。

スポンサードリンク