白髪のヘアケア

おしゃれ染め

ヘアカラーには白髪染めとおしゃれ染めがあります。おしゃれ染めというのは黒髪用のヘアカラーを指します。髪を明るいブラウンにしたいという場合はおしゃれ染めという染め方をします。

白髪染めとおしゃれ染めは髪を染める仕組みは同じなのですが、染毛力が違います。ですので、おしゃれ染めで白髪を染めると色ムラができたり、思い通りの色に染まらなかったりします。

カラーによってはほとんど染まらずに透き通ったようなオレンジ色にしか染まらないことも。これはおしゃれ染めにはブラウンの色素が入っておらず、オレンジや黄色味などの色素がそのまま白髪に入ってしまうためです。これでは白髪だということが他人にわかってしまいますね。

しかし、そうはいっても初めての白髪染めは抵抗が拭えない方もいらっしゃいます。美容院でもなかなか白髪染めとはいいにくいものですよね。しかし白髪の本数が少ないのであれば、おしゃれ染めでも綺麗に染まる方法があります。

もともとヘアカラーは元の黒髪を明るい茶色(脱色)にしてから希望の色に染めていきますので、暗いトーンの色にしたい方でしたらおしゃれ染めでも白髪は目立たなくなります。

しかし、美容院で染めるのでしたらやはり美容師さんに白髪について相談するのが一番だと思います。白髪がきちんと染まるように色の調整をしてくれますので。昔の白髪染めは暗めの色しかなかったため、白髪染めではないヘアカラーをおしゃれ染めと呼ぶようになったのですが、今の白髪染めは明るい色に染める事も可能です。そもそもどちらも同じ仕組みで髪を染めますので、白髪の方は白髪染め用、黒髪の方はおしゃれ染め用と思った方がいいかと思います。

スポンサードリンク