白髪の原因

病気

病気が原因で白髪になることがあります。甲状腺疾患、脳下垂体機能低下症、慢性胃腸疾患、貧血症、円形脱毛症、マラリア、成人性糖尿病、尋常性白斑病などがあげられます。

ひとつの疾患を取り上げても実にさまざまな病気がありますから、病名はもっと増えることになります。女性に多い貧血症も白髪の原因になるのですから、常日頃から気をつけなくてはなりません。また尋常性白斑病の症状は体の色素が失われる病気です。

あのマイケル・ジャクソンも長い間患っていた病気だという事は知っている方も多いかと思います。それから、病気ではありませんが喫煙が若白髪の原因になるという研究結果もあります。

若白髪になる確率はタバコを吸わない人に比べて実に4倍の確率だそうです。タバコは体の健康を阻害する原因にもなりますから、可能なら一生吸わない人生を選ぶべきですね。

また、病気との関連で薬の副作用によって白髪になることも少なくありません。抗がん剤や抗ウイルス剤などは白髪の副作用が報告されております。もちろん薬の服用をやめれば白髪は元に戻りますが、もし急に白髪が増え、副作用だと思われる場合は医師や薬剤師に相談する必要があります。

このように髪に直接関係のない病気や薬の副作用によって白髪が生えてきてしまうということは容易にある事です。そして、もしかすると隠れた病気によって白髪が引き起こされている可能性も否定できません。この事からやはり急激な白髪の増加には注意が必要です。

スポンサードリンク