白髪の原因

ストレス

白髪とストレスとの因果関係は深いとされてはいるものの、科学的、医学的な証明となるとなかなか難しいものです。この場合のストレスは心理的ストレスを指します。

ストレスは個人の性格や生活環境により千差万別。しかし、ストレスにより体の中のホルモンバランスが崩れたり、髪の成長に必要なタンパク質の代謝を抑制したりすることはわかっています。

また、体が常に緊張状態にあるため筋肉が委縮して毛細血管の血流も悪くなりますので、結果的にすべて白髪の原因に結びつきます。白髪が増える事でストレスになり、さらに白髪が増える、そんなことも十分あり得るのです。

しかもストレスによる白髪は短期間でおこるともいわれています。それだけ毛根にある細胞はストレスに弱いという事です。しかしストレスのない人間は滅多にいませんし現代人は常にストレスと共存していく事は避けられませんので、ストレスを溜め込まないように気をつけるしかありません。

またストレスは他の病気を引き起こす可能性もありますので、逆にそういった病気によって毛根の細胞に影響を及ぼすことにもなりかねません。このようにストレスによる悪循環は簡単に起こります。それをなるべく防ぐためにストレス発散になる事を見つける事が大切であり一番の予防です。

白髪になるメカニズムは近年、研究が進み徐々に解明されてきています。もし白髪の治療薬が開発されれば白髪が増える事で発生するストレスは軽減され、そのストレスによる白髪はなくなるかもしれませんね。

スポンサードリンク