白髪のイメージ

老け顔

誰もが見た目を良く見せたいものです。メイクをしたり、お気に入りの服を着たりすることでテンションもあがります。しかし、せっかくそこまで自分を完璧に仕上げても、手入れのされていない白髪混じりの髪だと見た目ポイントが下がってしまいます。

遠目だと気づかないくらいの本数の白髪でも近くで見ると案外目立つもの。「若づくりしているだけで意外に若くないのね」なんて思われるかもしれません。白髪の生える年齢や量は個人差がありますが、一般的に30代半ばぐらいから気になりだす方が多いようです。

しかし40代でも全く白髪がない方もいらっしゃいます。「白髪」=「老化」というイメージですから、それを考えると同年代の人と比べて白髪の量が多いと見た目年齢が上がる、つまり、老け顔になりかねません。気持ち的、体力的には若くとも、見た目で損をしてしまいます。

なかには、自分は白髪が多いと最初からあきらめて、老け顔に徹している方もいるかもしれません。オシャレを楽しむことをせず、華やかさから遠ざかれば、どんどん地味な老け顔になってしまいます。

また自分は昔から童顔だといわれているからと高をくくっている方はいませんか?童顔の方も加齢による髪の老化は避けられないものです。

白髪のままの状態にしておく事は決して悪い事ではありませんが、ある程度お若い方の場合、本人の想像以上に他人は白髪には敏感なのでご注意を。そして、何より年齢問わず、髪にまで気を遣う事が自分を磨いた証。それが若々しさをプラスしてくれるのです。

スポンサードリンク