白髪のメカニズム

生える場所

病気によって白髪の生える場所が違うといわれています。白髪は体の不調な部分のあらわれであるという事ですが、この根拠は頭のツボにあります。

ツボは経穴(けいけつ)と呼ばれ、体の中を循環するエネルギーの通り道である経路に点在しており体のいたるところにあります。もちろん頭にもたくさんのツボがあります。ここでは病気の種類による白髪の生える場所をご紹介します。

消化不良や胃潰瘍などの胃の病気は「頭頂部」。体のむくみの症状がでる腎臓の病気は「頭頂部右」。肝臓の病気は「頭頂部左」。便秘や痔など肛門の病気は「前頭部」。心臓や肺の病気は「つむじ」。生殖器の病気の生理不順、不妊、また精力減退は「後頭部」。眼精疲労は「おでこ、こめかみ」。聴覚の異常は「耳の後ろ」。虫歯や歯槽膿漏などの歯、歯茎の病気は「耳のまわり」。

頭全体に白髪がある方は参考になりませんが、最近、白髪が目立ってきたなと思う方は自分の病気と白髪の場所を照らし合わせてみてはいかがでしょうか。また自分は健康だと思っている方も白髪の多い場所をよく確認してみると、さきほど述べたような病気に当てはまるかもしれません。

しかも髪は1ヶ月で約1cmしか伸びないので長い白髪だと慢性的な病気の場合も考えられますよね。ただし、白髪の生える原因はさまざまなので、ツボのある場所が白髪だからといって必ずしも病気とは限りません。

常日頃の健康チェックの参考程度になさって下さい。特に肝臓は病気に気づきにくい場所なので頭頂部左に白髪の多い方は肝臓の病気を気にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク