白髪のトラブル

メンタル

白髪の原因はさまざま。そのため悩みは年齢に関係なくあらわれます。ですから年代によって悩みもさまざまとなるのです。10代にとっての白髪の悩み。それは人と違う外見。若白髪が珍しくないといってもあくまでも少数派。

思春期の頃ですし、同年代の友達からの視線や冷やかしに心を痛める子も少なくありません。また自分の容姿が他人と違う事を気にしはじめる頃ですので、人知れず悩み始める年代です。

20代にとっての白髪の悩み。それはコンプレックス。オシャレに目覚め自分で白髪を染めるという選択もできますが、根本的な解決にはならないためコンプレックスとして残ってしまいます。また不規則な生活、偏った栄養で白髪になる方も多いのですが、社会的つながりを持ち始める20代の生活はなかなか改善されにくいものです。

30代にとっての白髪の悩み。それは老化現象と直面する事による不安。それまで無関係と思っていた白髪を見つけてしまったショックは大きいもの。それがたった数本でも。これから増える白髪への不安と対策で悩みはじめます。

40代、50代にとっての白髪の悩み。それは一気に増える白髪の本数。この頃から実年齢よりも老けて見られてしまう事があるかもしれません。本数が増えた分、白髪染めで乗り切ろうとしますが、その手入れは頻度が増し面倒だったりお金がかかったり。

これはかなりの負担となります。このように年代によって変わっていく悩みですが、現実と向き合い自分に合った手入れや解決策を見つけ、前向きになりたいものです。

スポンサードリンク